学生画像

法政大学第二中・高等学校の出身有名人

法政大学第二中・高等学校の出身有名人をまとめてみました(*´∀`*)

スポーツ

元プロ野球選手
  • 中村忠男
  • 小坂佳隆
  • 小川博
  • 河東真
  • 幡野和男
  • 的場裕剛
  • 高井準一
  • 柴田勲 - 読売ジャイアンツ
  • 是久幸彦 - 東映フライヤーズ
  • 村上雅則 - 中退、南海ホークス、日本人初のメジャーリーガー
  • 畑口健二
  • 村越稔
  • 大谷幸弘
  • 高田誠 - オリックス・ブルーウェーブ
  • 呉俊宏
  • 大島公一 オリックス・ブルーウェーブ
  • 伊達昌司 北海道日本ハムファイターズ
  • 福本誠 - 横浜ベイスターズ
  • 下山学
  • 佐々木高広
  • 石丸秦輔
  • 斎田忠利 - 大映ユニオンズ、元パリーグ審判部長
テニス選手
  • 九鬼潤
  • 神和住純
ラグビー選手
  • 伊藤剛臣 - 神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、元日本代表
  • 中瀬真広 - 東京ガス、2002年アジア競技大会日本選抜主将
  • 大久保直弥 - サントリーサンゴリアス)、ラグビー日本代表(二高時代はバレーボール選手)
  • 赤沼源太 - トヨタ自動車ヴェルブリッツ、ラグビー日本代表
  • 水泳選手衣笠竜也 - 個人メドレーの元日本チャンピオン
  • 高安亮

住みやすさ抜群!中原区☆

大阪市 不動産のスタッフは、大阪市の街が大好きです!どんなことでも精通したいと日々、研鑽しています 。大阪市は私たちの地元です!地元に精通している私どもは、不動産の情報だけではありません、お役立ち情報にも自信があります 。知らない街での不動産探しでお困りではありませんか?私たちコバルトエステート賃貸ショップ松屋町店にお任せください!
元バレーボール選手
  • 熊田康則 - 元日本代表
  • 大竹秀之 - 元日本代表
  • 神林正文
元陸上競技選手
  • 小池進
  • 清水陽介 - 第83回箱根駅伝法政大学で出場、4区10位
  • 大森英一郎 - 第84回箱根駅伝法政大学で出場、9区17位
  • 斎藤雄太郎 - 第84回箱根駅伝法政大学で出場、3区17位
  • 永津和哉
  • 山本直
競輪選手
  • 高貫亘弘 - ローマオリンピック出場
  • 山田英伸
  • 佐々木龍也
  • 出口眞浩
  • 高木隆弘
その他
  • ジョー樋口 - 元全日本プロレスレフェリー
  • 町田洋介 - プロバスケットボール選手(リンク栃木ブレックス)

文化・芸能

  • 長沢純 - 実業家、タレント(元スリーファンキーズリーダー)
  • 岩合光昭 - 動物写真家
  • 西岡徳馬 - 俳優
  • 寺尾聰 - 中退、俳優・歌手
  • 片寄明人 - ミュージシャン、音楽プロデューサー(GREAT3)
  • 田辺誠一 - 俳優
  • 横田順彌 - SF作家
  • 平山夢明 - SF作家、ホラー小説作家
  • Micro - ミュージシャン(元Def Tech)
  • 橋本テツヤ - 日比谷高から転入、フリーアナウンサー
  • 東根作寿英 - 俳優
  • 落合賢 - 中等部のみ、映画監督
  • 井上倫宏 - 俳優 (演劇集団 円 所属)
  • 猪野広樹 - 俳優

その他

  • 山岸勝榮 - 英語学者、英和・和英辞典編纂者、明海大学外国語学部英米語科・同大学院応用言語学研究科教授
  • 伊藤貞三 - 昭和天皇の侍医
  • 西川清 - パーク24の創業者
  • 西山俊太郎 - ヤナセ代表取締役社長
  • 吉野英樹 - 元・株式会社GABA代表取締役会長。
  • 山崎雅彦 - 弁護士
  • 唐澤貴洋 - 弁護士
  • 広瀬伸一 - ラジオNIKKEIアナウンサー
  • 川島壮雄 - 関西テレビアナウンサー
  • 山本隆弥 - 読売テレビアナウンサー
  • 平岩康佑 - ABCアナウンサー
  • 金子達仁 - スポーツライター
  • 戸塚啓 - スポーツライター
  • 小松宏司 - NHKアナウンサー

法政大学工業高等学校

系列校である法政大学工業高等学校についても調べてみました☆法政大学工業高等学校は、神奈川県川崎市中原区木月大町にあった私立工業高等学校です。大正11年(1922年)に法政大学が開いた法政工学校が始まりで、大正15年(1926年)には法政大学工業学校となりました。当時、夜間の甲種工業学校は日本最初の例であったため、非常な人気を集め、昭和15年(1940年)には第二本科、さらに昭和18年(1943年)には法政大学第二工業学校を開設するなど、大変人気が出ました。ですが、第二次世界大戦による損失は大きく、また戦後は上級学校への進学希望が高まったことも相まって、第一・第二の2つの工業高校は進学を望む生徒のためにそれぞれ普通科をおいたり、昭和40年(1965年)には合併して法政大学工業高等学校となりました。その後、昭和51年(1976年)に、同じ敷地内にあった法政大学第二高等学校に吸収合併されたことで、その歴史を閉じました。

法政大学工業高等学校の沿革

  • 1922年(大正11年) - 法政工学校(夜間・各種学校)が大学構内に開校。予科(1年、高等小学校卒業者対象)・本科(1年、中学校卒業者対象)・高等科(半年)からなる。本科と高等科に土木・建築・電気・機械科を置く。
  • 1926年(大正15年) - 法政大学工業学校(夜間4年制、高等小学校卒業者募集)に改称。甲種工業学校に昇格。土木・建築科を設置。
  • 1927年(昭和2年) - 電気科を新設する。
  • 1940年(昭和15年) - 第二本科を設ける(夜間乙種工業学校、高等小学校卒業者対象)。
  • 1943年(昭和18年) - 法政大学第二工業学校を川崎市木月の予科校舎内に開校(夜間4年制甲種工業学校)。電気・電気通信科からなる。
  • 1948年(昭和23年) - 工業学校を法政大学第一工業高等学校(共学)に、第二工業学校を法政大学第二工業高等学校に改める。どちらも夜間定時制(修業年限4年)。
  • 1949年(昭和24年) - 第二工高に普通科と工業化学科を新設する。
  • 1952年(昭和27年) - 第一工高の校舎を麻布に移転。同時に土木科募集停止し、普通科を設置する。
  • 1959年(昭和34年) - 第二工高に昼間部(3年制、電気・電気通信・機械科)を開設。
  • 1965年(昭和40年) - 第一工高を移転する形で第二工高へ合併(新学年から適用)。法政大学工業高等学校となる。
  • 1969年(昭和44年) - 旧第一工高の最後の学年が卒業。
  • 1976年(昭和51年) - 工高、法政大学第二高等学校に吸収される。在校生は二高に編入し、旧工高から引き継いだ同じ学科で学習を続ける。
  • 1978年(昭和53年) - 最後の工業科生が卒業したのをもって、法政工業はその活動に幕を下ろした。

ココがすごいよ!中原区!

商品撮影なら、お気軽にお問い合わせ、お待ちしております。初めてのお客様には、初回無料お試しも実施しております!

ページのトップへ