イメージ1

川崎市中原区の高校(1)

川崎市中原区の高校

中学生の上の子ももうすぐ受験生。進路先の高校についても気になるので、川崎市中原区の高校について調べてみました(´▽`)

大西学園中学校・高等学校

川崎市中原区にある高校、まず1校目は大西学園中学校・高等学校♪中学校・高等学校は、中高一貫教育を提供するある私立の中学校・高校です。同じ敷地内に全ての学校があり、高校からは、中学校からの内部進学の生徒と高校から入学した外部進学の生徒で、混合してクラスを編成する併設型中高一貫校です。かつては女子校でしたが、2005年度より男女共学になりました☆幼稚園・小学校・中学校・高校を持つ学校法人大西学園の経営です。

大西学園中学校・高等学校の学科
  • 中学校 (2004年度より共学)
  • 高等学校(全日制課程) 普通科(2005年度より共学)
  • 商業科(女子)
  • 家庭科(女子)
大西学園中学校・高等学校の沿革
  • 1928年 - 中原高等女学校と称し、文部大臣より高等女学校として認可されました。中原高等女学校を設立しました。
  • 1942年 - 財団法人大西学園認可と共にその経営するところとなり、4ヶ月年制と5ヶ年制とを併設した高等女学校となり、生徒数、千数百名を数える大学園となりました。
  • 1947年 - 学制改革により、大西学園中学校設置が認可されました。
  • 1948年 - 大西学園高等学校設置認可されました。
  • 1951年 - 学校法人大西学園認可と共にその経営するところとなりました。
大西学園中学校・高等学校の交通
  • JR南武線・横須賀線(湘南新宿ライン)
  • 東急東横線・目黒線 武蔵小杉駅 徒歩4分

住みやすさ抜群!中原区☆

神奈川県立川崎工科高等学校

川崎市中原区に所在する神奈川県設置の公立高等学校2校目は、神奈川県立川崎工科高等学校です♪やっぱりこの時代、手に職も大事かなと思ってます(*´∀`*)神奈川県立川崎工業高等学校を総合技術高校として再編し、2010年4月に開校しました。神奈川県内では3校目となる総合技術高校で、川崎市内では初となります。1年次では総合的に工業の知識を学び、2年次より化学系、電気系、機械系の6コースに分かれて学習します。また、科学技術振興機構 (JST) による平成23年度SPP採択校になっていて、男女共学です☆

神奈川県立川崎工科高等学校の特徴

1学年は30人8学級、2学年、3学年は40人6学級規模。川崎工業高等学校の校地をそのまま使用し、校舎設備は耐震補強工事を施しリニューアルしました。

校歌・校章
  • 校歌:作詞 本多孝 作曲 光井隆
  • 校章:デザイン 奥野和夫
設置課程

全日制課程総合技術科(2年次より下記コースを選択)

化学系
環境エンジニアコース/食品サイエンスコース
電気系
電気テクノロジーコース/情報メディアコース
機械系
機械エンジニアコース/ロボットシステムコース
神奈川県立川崎工科高等学校の沿革
  • 平成21年10月:神奈川県立川崎工科高等学校設立認可
  • 平成22年4月1日:神奈川県立川崎工科高等学校を開校。 全日制の課程、総合技術科の単独編成とする。
  • 平成22年4月7日:開校式を挙行する。
  • 平成23年3月:機械科・電気科・化学科を閉科とする。
交通
  • JR南武線 平間駅 徒歩8分
  • JR横須賀線・湘南新宿ライン 新川崎駅 徒歩12分
  • 東急バス川31・川32・川33系統「田尻町」下車6分

神奈川県立川崎工業高等学校

神奈川県立川崎工科高等学校に改編する前の神奈川県立川崎工業高等学校の歴史についても調べてみました。神奈川県立川崎工業高等学校は、神奈川県川崎市中原区上平間にありました☆

沿革
  • 1941年(昭和16年) - 神奈川県立川崎工業学校設立認可。機械科と電気科を設置。
  • 1943年(昭和18年) - 航空機関科新設。
  • 1944年(昭和19年) - 川崎市上平間に移転。
  • 1946年(昭和21年) - 航空機関科を廃止、土木科を新設。
  • 1948年(昭和23年) - 新学制により、神奈川県立川崎工業高等学校と改称。
  • 1949年(昭和24年) - 川崎市立工業高等学校と合併。工業化学科を新設。土木科を土木建築科と改称。
  • 1952年(昭和27年) - 定時制を設置(機械科、電気科)。
  • 1953年(昭和28年) - 電気通信科を新設、土木科と建築科を分離。
  • 1958年(昭和33年) - 化学工学科を新設。
  • 1962年(昭和37年) - 土木科、建築科の募集停止。
  • 1963年(昭和38年) - 電気通信科を電子科と改称。
  • 1988年(昭和63年) - 工業化学科、化学工学科を統合し化学科と改称。
  • 1989年(平成元年) - 電気科、電子科を統合し電気科と改称。
  • 1998年(平成10年) - 定時制廃止。
  • 2010年(平成22年) - 総合技術高校(神奈川県立川崎工科高等学校)に改編。機械・電気・環境化学分野の3系を設置。
設置課程(全日制)
  • 機械科
  • 電気科
  • 化学科
歴代校長
創立校長事務取扱 山賀 辰治 (昭和16年3月11日~昭和19年9月30日)
初代 椙山威郎 (昭和19年9月30日~昭和22年5月31日)
第2代 中村 喜一郎 (昭和22年5月31日~昭和42年9月 1日)
第3代 冨塚信 司 (昭和42年9月 2日~昭和46年8月31日)
第4代 黒木 新八郎 (昭和46年9月 1日~昭和50年1月20日)
第5代 橋本 武 (昭和50年2月 1日~昭和58年8月31日)
第6代 杉山 哲郎 (昭和58年9月 1日~昭和60年3月31日)
第7代 飯田 敏明 (昭和60年4月 1日~平成元年3月31日)
第8代 小森 武三郎 (平成元年4月 1日~平成 4年3月31日)
第9代 櫻井 寛 (平成 4年4月 1日~平成 6年3月31日)
第10代 嶋津 隆之 (平成 6年4月 1日~平成 8年3月31日)
第11代 正一 恂 (平成 8年4月 1日~平成10年3月31日)
第12代 木村 隆文 (平成10年4月 1日~平成13年3月31日)
第13代 田渕 勝廣 (平成13年4月 1日~平成15年3月31日)
第14代 久保木 輝清 (平成15年4月 1日~平成18年3月31日)
第15代 伊藤 武志 (平成18年4月 1日~平成21年3月31日)
第16代 棟方 克夫 (平成21年4月 1日~平成22年3月31日)
交通
  • JR南武線 平間駅 徒歩8分
  • JR横須賀線 新川崎駅 徒歩12分
  • 東急バス川31・川32・川33系統「田尻町」下車6分

ココがすごいよ!中原区!

ページのトップへ